■ What's New?

    2017/04/04 WORKS 依頼情報更新





コミトレレポ完成
2009.01.20 /  カテゴリ: 未分類
オタキロサミドス。
時々カルチャーショックを受けます。幾枝です。
「半ドンってリアルで使っている人初めて見た」って言われました(´・ω・`)
我が家では日常的に使われているので、私としてはそんなに珍しい言葉として使ってなかったのですが……。

・告知
先日のこみっくトレジャー13&東方酒宴郷のレポートが完成しました。
下記のアドレス、又は本サイトの「Text」からどうぞ!

http://fushinsya.web.fc2.com/comitore.html

・日常
昨日。
ずーっとレポート書いてました。
思ったよりも時間がかかりました。
時々寿司をつまみながら。

今日。
一昨日の熱がようやく冷めた感じです。
でも思い出すとまたすぐにテンションが上がります。

学校。
筆記用具を忘れるという大失態。
友人にシャーペンを借りたのはいいのですが、普段濃さBのものを使っているのでHBの描き難いことと言ったら!
お陰で普段とはちょっと違うタッチの絵になりました。

放課後。
素敵な半ドン生活。あくまでも「半ドン」使いますよ私は。
でも今日は大学に講義を聴きに行く日なので大学へ。
細胞関連の話でした。久々に「講義」と呼べるような講義は楽しかったです。
あと教授が癒し系でした。いいおじさまって感じ。
あー、レポート書かなきゃ。

・質問
足跡帳に早速と沢山の書き込み、皆々様ありがとうございます。
初めての試みでよくわからないのですが、足跡帳ってお返事を返すものなのでしょうか?
参考程度に個人的見解みたいなものがいただけると幸いです。

・特筆お返事
>>砂熊さん
>>同級生<先生って……なんか大人って感じでいいですねぇwww
同級生、というものに対する扱い方がわからない……というのが実際のところです。
年上ならば如何なる場合でも敬意を示し、年下ならこちらが見下していると思われないように丁寧に。
基本的に子供は好きです。邪な意味無しで。
でも同級生となるといまひとつ絡み難いものがあります。
御存知かとは思いますが、私は思考の面で一介の高校生とは色々とベクトルがズレています。
最近の若者での流行には疎く、趣味も一部でしか受けないサブカルチャーが主です。
その中でも趣味が一致する葉月やZERO3、幼馴染のモアイなどとは話が弾むのですが、それ以外となると話題が一致しません。
どちらかと言うと私の持つサブカルチャー属性以外の話題は、比較的年齢が上の人との方が噛み合うのです。
よって必然的に年齢層が上の先生方との方が話が弾む、という形になってしまいます。
文章書きなどをやっているとついつい陥りがちな現象なのかもしれません。
だからネット上などで同年代で趣味の合う方と話ができる、ということは何処か新鮮な感じがします。
それでも年上の人の方が多いとは思いますが。
あと、以前も言いましたが「亀の甲より年の功」と言いますように、年上の方などから様々なアドバイスをいただくことが好きなのです。
経験に勝るものは無いとは言いますが、知っているだけでも状況の捕らえ方は変わります。
それを実際の人生に活かすも、文章の中に活かすも、何れにせよ私にとってはプラスになりますしね。

一言で言うと、俗に言う「マセ餓鬼」というやつです(´・ω・`)

お返事。

mixi

>>時雨さん
>>高校生って楽しそうw
特に受験を控えていない私はやりたい放題やってますw

>>鈴仙幹也さん
>>ところでふと思ったんだが
>>オタキロサミドスってどういう意味だ?
「お疲れ様です」をとある方がタイプミスしたことから始まった言葉です。
本来は挨拶としては使うものではないのですが、意味も無く私が使い始めたのがきっかけで使い続けて三年になります。
詳細は本ページのAboutとかご覧になられるとよくわかるかと思います。

今日の追伸

昨日は六時間ぐらいレポートに没頭していたので絵を全然描いてませんで(´・ω・`)
編集 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
アクセス
Next:222,222
SNS
 
 
 fushinsyaをフォローしましょう